今では様々な投資がある中でも、当たり前の投資よりも少し違った投資を行いたいと思っている方々も増えると思います。
特に思いがある場合、自らの故郷に対する投資も対象の1つに入ってくるのではないでしょうか。そして、何よりもその手法が様々あるところが大きなポイントです。

まず故郷への投資として考えたいのがふるさと納税です。
実際にふるさと納税が投資かどうかと言われると微妙なところかもしれませんが、実際に故郷に税金を納めることによって、返礼品が、それも地元の特産物が手元に届くことを考えると投資と同じ形だと言えるのではないでしょうか。

なかなか故郷に就職の後は変えることができない方々にとってはこのような形が取れれば非常にメリットがあるのではないでしょうか。

同じように考えたいのがソーシャルレンディングのサービスです。これは、上場していない企業にとっても中間事業者を通じて投資を募ることができますので、いわば、直接投資に近い形になり、お金を貸し出すことができます。

地元の企業にぜひとも協力したいと考える場合、このような形で支援することが大きなポイントになってくるでしょう。
さらに、同じような形で考えたいのがクラウドファウンディングのサービスになります。こちらもソーシャルレンディングと似通った部分はあるかもしれません。
しかしこちらは見返りがお金で返ってくるわけではありません。

地元の中小企業や有力企業、いわば個人、場合によっては自治体が町おこしを行いたい場合などにクラウドファウンディングを利用して投資者を募ることになっています。ここは企業そのものへの投資ではなく、投資金額も1口あたりいくらと言うことで非常に簡単にスタートすることができます。

またその返礼が投資した案件の商品やサービスの内容になりますので非常にお手軽な投資だといえますし、本当に応援したい場合に適しているのではないでしょうか。
場合によっては、このような投資が事業に結びつくようになれば自分自身の貢献度合いが非常に大きいと言えるのではないかと思います。

以上のように、通常の投資とは異なり自らの故郷に対する投資も様々な形で行うことができるようになっています。自らの思いをどのように投資に変えることができるか、最も適した形や金額、手法を活用してみてはいかがでしょうか。きっとあなたの故郷に対する思いが投資と言う形で報われることがあると思います。